組織図



一般社団法人 全日本学生馬術連盟

北日本学生馬術連盟

  • 酪農学園大学
  • 北海道大学
  • 福島大学
  • 弘前大学
  • 東北大学
  • 北里大学
  • 帯広畜産大学
  • 岩手大学

関東学生馬術協会

  • 早稲田大学
  • 立教大学
  • 明治大学
  • 法政大学
  • 日本獣医生命科学大学
  • 日本医科大学
  • 日本大学
  • 東京農工大学
  • 東京農業大学
  • 東京医科大学
  • 東京大学
  • 東海大学
  • 筑波大学
  • 中央大学
  • 千葉大学
  • 拓殖大学
  • 専修大学
  • 成城大学
  • 成蹊大学
  • 昭和大学
  • 慶應義塾大学(医学部)
  • 慶應義塾大学
  • 群馬大学
  • 学習院大学
  • 宇都宮大学
  • 麻布大学
  • 青山学院大学

中部学生馬術連盟

  • 名城大学
  • 三重大学
  • 福井工業大学
  • 新潟大学
  • 名古屋市立大学
  • 名古屋工業大学
  • 名古屋学院大学
  • 名古屋大学
  • 信州大学
  • 静岡大学
  • 岐阜協立大学
  • 岐阜大学
  • 金沢大学
  • 愛知教育大学
  • 愛知学院大学
  • 愛知大学



関西学生馬術連盟

  • 立命館大学
  • 武庫川女子大学
  • 同志社大学
  • 天理大学
  • 神戸大学
  • 甲南大学
  • 近畿大学
  • 京都産業大学
  • 京都大学
  • 関西学院大学
  • 関西大学
  • 大阪府立大学
  • 大阪市立大学

中国・四国学生馬術連盟

  • 山口大学
  • 広島工業大学
  • 広島大学
  • 鳥取大学
  • 島根大学
  • 岡山理科大学
  • 岡山大学
  • 愛媛大学

九州学生馬術連盟

  • 宮崎大学
  • 福岡大学
  • 日本経済大学
  • 東海大九州
  • 九州大学
  • 鹿児島大学



会長あいさつ


HIDEKI YAMAUCHI

山内 英樹

昨年に引き続き、コロナ禍がいまだに収束せずに、各大学は部活に影響をおよぼしておりますが、各大学馬術部それぞれ努力し、さまざまな制限の中、練習と馬匹の健康管理に励んでいることと察します。

 この度、かねてから念願でした、一般社団法人認可手続きが令和3年1月8日に終了、認可されましたので、令和3年2月21日に開催しました、旧「全日本学生馬術連盟」総会において解散。新「一般社団法人 全日本学生馬術連盟」を総会におきまして発足。旧団体の財産の移譲ならびに、新役員が選任され、4月から本格的に運営することとなりました。

 一般社団法人化したことにより、社会的地位が向上するとともに、認知度、信用度、責任度が今まで以上高まるということを念頭に、今後も学生馬術の健全な発展、公平性、価値観の向上を求め、社会からの信頼を得るように努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

以上のことを認識し、加盟各大学馬術部、および部員においては、技術向上に励み、スポーツ人として公私を問わず、日常から節度ある行動をとり、社会から批判を受けるようなことが無いように、自分自身の行動に責任を持つよう十分注意してください。最後に、従来から学生馬術界に応援していただいております関係各位におかれましては、今後とも学生馬術発展のため、より一層のご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。




幹事長あいさつ


SENTO NAKAJIMA

中島 千都

(京都大学)

この度、全日本学生馬術連盟幹事長に就任しました、京都大学4年生の中島千都と申します。私自身、昨年度は関西学生馬術連盟の幹事長を務めさせていただき、本年度は関西と全日本学幹事長の兼任となりました。今まで、全日本学生馬術連盟の幹事長は関東圏の学生が就任されてきたとのことで、今回このような光栄な話をいただき、大変うれしく思います。

この2年間はコロナ禍の影響により、思い通りに活動ができない日々が続きました。本年度こそ、自由な日常が取り戻せるかと期待しましたが、変異株の流行もあり、依然としてコロナと向き合うことになりそうです。この2年間、学生馬術においても多くの競技会や講習会が延期・中止になり、晴れ舞台に立てないまま引退された方もいらっしゃることかと思います。しかし、私たちはこの2年間でコロナ対策のノウハウをたくさん積み上げてきました。これまでのように一方的に耐えるのではなく、感染予防に努めながらも、攻めの姿勢で活動していきたいと思います。

また、本年度は三大大会が三木ホースランドパークにて行われる予定です。3年ぶりの関西開催ということもあり、関東地区以外の地方から学生馬術を盛り上げられるような大会にしたいと思います。

最後になりましたが、連盟役員の皆さんや各地区幹事長の方々をはじめとする、すべての関係者の皆様におかれましては、この1年間で多くのご協力をお願いすることになるかと思います。至らぬところもありますが、全日本学生馬術連盟幹事長として精一杯頑張りますので、何卒よろしくお願いいたします。