全日本学生馬術連盟について

会長

山内 英樹


住所

〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館404


電話/ファクス

03-3297-5612  (火・水・木 10:00~17:00)


アクセス

JR京葉線 八丁堀駅(徒歩10分)
東京メトロ日比谷線 八丁堀駅 A4出口(徒歩5分)
東京メトロ日比谷線・東西線 茅場町駅 1番・3番出口(徒歩5分)


組織図

平成28年度から、関東学生馬術協会の獨協大学が入会しました。
平成28年度から、関東学生馬術協会の獨協大学が入会しました。

会長あいさつ

 

山内 英樹 

 HIDEKI YAMAUCHI

 

 

 

 このたび、小川諄前会長の退任により、全日本学生馬術連盟の会長に就任致しましたがこの大きな組織の長としての重責に身の引き締まる思いです。世の中、少子化時代と言われ、人手不足、人材不足となりつつありますが、大学馬術部におきましても部員数減少、それに伴い馬術部の減少化と、厳しい状況になりつつありますが、役員、馬術部々員、各大学馬術部、一丸となって創意工夫し、後輩達が未来永劫、安定した部活動が出来るようにしていきたいと思います。微力ながら皆様のご期待に沿うべく、学生馬術界の発展に専心努力する所存でございますので、なにとぞ格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

なお、前任の小川諄様には、長期にわたり、会長をお務めのうえ、多大なご功績を残されましたことに、心から感謝申し上げます。

 

 

幹事長あいさつ

 

松尾 慎太朗

SHINTARO MATSUO

 (専修大学)

 

 今日に至るまで学生馬術を取り巻く状況は多くの先輩方のご支援、ご指導によりこれまでの伝統を受け継いで参りました。これらの受け継がれた伝統は歴代の幹事長および幹事の努力の賜物であり、幹事の仕事の誇りと責任を感じております。また、本連盟の運営にご協力していただいた関係団体、加盟校ならびに関係各位に深く感謝しお礼申し上げます。

 学生馬術は、他のスポーツと違いパートナーである馬と共に競技を行うスポーツでありますゆえに、経済的にも時間的にも簡単なスポーツとは言えないでしょう。しかしながら、馬と共に過ごす日々や鍛錬は普通の学生生活では体験できない貴重な時間となるでしょう。また、本連盟の主催する競技を目標に各大学が活動していることを忘れず、責任を持って大会運営や本連盟の活動に精進していきたいと思っています。

 本年度の全日本学生馬術大会は、山梨県の小淵沢にあります、山梨県馬術競技場で、全日本学生選手権大会及び女子選手権大会は、愛知森林公園乗馬施設にて行われることになりました。新体制での競技運営となりますが、本連盟の幹事一同全力で取り組んでいきます。

特に開催地である関東学生馬術協会と中部学生馬術連盟と協力して、頑張っていきたいと思っています。