全日本学生馬術連盟について

会長

山内 英樹


住所

〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館404


電話/ファクス

03-3297-5612  (火・水・木 10:00~17:00)


アクセス

JR京葉線 八丁堀駅(徒歩10分)
東京メトロ日比谷線 八丁堀駅 A4出口(徒歩5分)
東京メトロ日比谷線・東西線 茅場町駅 1番・3番出口(徒歩5分)


組織図

                                                           2020年5月18日現在

会長あいさつ

 

山内 英樹 

 HIDEKI YAMAUCHI

 

 

 加盟各大学の皆様へ

平素は当連盟の事業にご協力いただき誠にありがとうございます。

日頃は授業ならびに部活動のため、多忙な生活をお過ごしのこととお察し致します。

最近の、当連盟の事業内容について、競技会等は従来通り推移しておりますが、社会情勢の変化に伴い、財政面で厳しい状況になってきておりますが、お陰様でJRA日本中央競馬会の絶大なるご理解、ご協力により当連盟はもとより、各地区、各大学馬術部単位に対して援助を頂きまた、元競走馬の乗馬再調教に対しても助成(未定)を頂けるようになり、「感謝」の一語に尽きる次第です。

自助努力による財政確保を得るため、一般企業からも協力を得ようと理事長以下一丸となり、基金集めに努力しておりますが、知名度も低いうえ、マイナーな競技種目、団体なため、思うように展開しない状況です。

また、毎年JRA日本中央競馬会からの飼育助成金、その他財政援助については、(公社)日本馬術連盟または、(公社)全国乗馬倶楽部振興協会を経由して助成を頂いています。

このような背景のもと、当連盟の社会的地位、信用を高めるために、一般社団法人化を目指して作業を進めていることは、ご承知のとおりです。

しかし、今年は、残念なことに新型コロナウイルス感染蔓延のため、スポーツ界全てが競技会はじめ活動出来ない状況になっており。当連盟も事業に影響を及ぼし、事務手続きにも支障をきたしている現状ですが、事務局高松さんはじめ林幹事長、地区幹事長の努力で事務手続き等が滞りなく処理できておりますが、今後の予定については新型コロナウイルスの感染の終息状況により変更も考えられますので、学馬連のホームページで確認してください。

緊急事態宣言が解除されても新型コロナウイルスが絶滅した訳ではありません。各大学馬術部員の皆様、予防に努め罹患しないよう、くれぐれもご注意下さるようお願いするとともに、特効薬、予防ワクチンが開発され一刻も早く平常な活動ができることを願う次第です。

 

 

幹事長あいさつ

                                                     林 有咲

USAKI HAYASHI

(法政大学)

今年度の全日本学生馬術連盟幹事長を務めさせていただきます、法政大学4年の林有咲と申します。大学馬術最後の一年にこのような大任を任せていただき、大変恐縮でございます。

今年はCOVID-19の感染拡大により、試合はおろか日頃の部活動もままならない状況からのスタートとなりました。この例外的な危機によって、各馬術部は財源から大会の開催の可否に至るまで、不安が絶えないことと思います。このような厳しい状況ではありますが、幹事長として、大学馬術という限られた時間の中で、少しでも部員の皆様が充実した活動を行えるよう、精一杯取り組んで参ります。そして全日本学生三大大会並びに選手権・女子選手権大会が、選手、関係者の方々にとっての晴れ舞台となるよう、学生幹事がこれまで以上に主体的に動き、一丸となって運営していく所存です。また初の女性幹事長ということで、今後の学生馬術界において、より一層女性も活躍できるような環境を作っていけたらと考えております。至らぬ点も多々あるかと存じますが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。