全日本学生馬術連盟について

会長

小川 諄


住所

〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館404


電話/ファクス

03-3297-5612  (火・水・木 10:00~17:00)


アクセス

JR京葉線 八丁堀駅(徒歩10分)
東京メトロ日比谷線 八丁堀駅 A4出口(徒歩5分)
東京メトロ日比谷線・東西線 茅場町駅 1番・3番出口(徒歩5分)


組織図

平成28年度から、関東学生馬術協会の獨協大学が入会しました。
平成28年度から、関東学生馬術協会の獨協大学が入会しました。

会長あいさつ

 

 

 小川 諄

ATSUSHI OGAWA

 

 全日本学生馬術連盟は、1928(昭和3)年に設立された日本学生馬術協会を前身とし、第二次世界大戦そして戦後の混乱期を経たのち、1957(昭和32)年に、全日本学生馬術連盟として再結成され、現在に至っております。

 この間、幾多の苦難の道を歩みながら、多くの先輩諸氏のご努力とご指導により年々発展を遂げ、現在は、全国から80校が加盟し、北日本、関東、中部、関西、中国四国、九州の6地区に分かれて活動しています。

 本連盟の主催競技会は、秋に開催する全日本学生馬術大会(障害馬術競技、馬場馬術競技、総合馬術競技)、全日本学生馬術選手権大会および全日本学生馬術女子選手権大会です。加盟各校は、これらの大会や各地で開催される競技会などに向けて、毎日厳しい練習に励んでいます。近年の社会、経済等の状況から、学生馬術を取り巻く環境は一段と厳しくなっております。しかし、学問とスポーツを両立させながら、馬術のすばらしさと感動を求めて、愛馬とともに部活動をがんばっている学生たちに、ときには厳しい叱咤を、また、ときには温かい激励をいただき、本連盟ともども、ご支援を賜りますよう、お願いいたします。

幹事長あいさつ

 

 

 

中村 紀一

KIICHI  NAKAMURA

(麻布大学)

 

 全日本学生馬術連盟は、今日まで多くの先輩方のご支援、ご指導を賜りまして、歴代の幹事によって発展を遂げてまいりました。本連盟の競技会運営に協力していただいた関係団体、加盟校ならびに関係各位に深く感謝しお礼申し上げます。

 学生馬術は、ほかのスポーツとは違い、生き物を飼育して一緒に活動するため、経済的にも時間的にも難しい面がありますが、多忙な学生生活を送りつつ、日々練習に励んでいます。こうした環境下で、全国の加盟校が本連盟主催の競技会を目標に活動していることを忘れず、幹事一同責任を持って、大会運営と本連盟の活動に精進したいと思っています。

 今年度の全日本学生馬術大会は、兵庫県の三木ホースランドパークで、選手権大会および女子選手権大会は、福岡県馬術競技場で行われることになりました。今まで利用してきた東京のJRA馬事公苑と違い、不慣れな競技場で大会を運営することには不安もありますが、全国の幹事たち、特に開催地である関西学生馬術連盟と九州学生馬術連盟と協力して、頑張っていきたいと思っています。